手抜きご飯のレシピ②

手抜きご飯のレシピ②は時短技です(^^♪

私が良く作る時短技です。

①カレーの下処理はレンジにお任せ!

子供たちが大好きなカレー。

でもいざ作ると結構時間がかかるんですよね。

共働きで夕方の帰る時間が遅くなると、早くご飯を出してあげないと「お腹すいたー」とお菓子に手を伸ばしてしまう我が子たち。

 

そんな時に救世主となるのがレンジです!

カレーを作る時はレンジを併用します。

 

じゃがいも、人参、かぼちゃ(時々入れます)を適当なサイズに切ったら、レンジで500wで6分~7分程度。

時間は、量やレンジのワット数によっても異なりますが、火が通って野菜が柔らかくなればOKです(*^。^*)

 

レンジで野菜を柔らかくしている間に、玉ねぎと肉を炒めます。

そして柔らかくなった野菜を投入!

後は沸騰するまで火にかけて2~3分。

 

ルーを入れれば即席カレーの出来上がり♪♪

すっごく簡単に短時間でカレーができますよ~

シチューも同じように作ることが可能です。

 

レンジってすごい♡

時短料理の味方ですね♪

②オムライスはノーフライパンで!

我が子たちがカレーと同じくらい好きなのが、オムライス♪

私も小さいころから好きでした(^^♪

でもオムライスも、チキンライスを作って卵を作って・・・

意外と面倒なんです(*_*)

 

時間がないけどオムライスが食べたい!

そんなときは冷凍のミックスベジタブルと缶詰のシーチキンがおすすめ☆

 

まずはミックスベジタブルをレンジで解凍します。

そして炊いておいたご飯をボウルにうつして、解答したミックスベジタブルを投入!

次に水気を切ったツナと、塩コショウ、ケチャップ、少量のマヨネーズ(これがポイント♪まろやかになります♪)を入れて混ぜるだけ。

これでチキンライスの完成♪

 

卵もレンジにお任せです。

少し深めのお皿にラップを少し大きめに敷きます。

その上に卵を割って、大匙一杯の牛乳を入れてよく混ぜます。

 

敷いておいたラップの余りの部分を混ぜた卵を包むようにかぶせます。

レンジに入れて500Wで1分~1分半。

半熟程度になればレンジから取り出します。

 

チキンライスの上に、レンジで作った卵焼きをのせて完成です♪

 

電子レンジは、時短料理になくてはならないものです。

仕事をしていると、時短技がどんどん増えていきます(*´з`)

育休中は手をかけて作ってあげられていたご飯も、手抜きが増えてきました。

 

それでも「美味しいよ」って食べてくれる子供たちと旦那様に感謝する毎日です(*´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です