保育園の慣らし期間で「慣れろ」なんて無理!泣く子はそれも個性!

タイトルの通りです。

育休から復職するにあたり、子供を保育園へ入れました。

入園してから既に3週間が経っても、毎日号泣な息子。

 

「慣らし保育」っていうけど、そんな短時間で慣れるなんて無理!

親も子供も本当に「慣れる」にはやっぱり時間がかかります((+_+))

別れ際に泣いた後は意外と元気

そんな我が子は、保育園の駐車場に車を止めた瞬間から号泣。

初めは、賢くなったなぁ・・・なんて感心していたけれど、毎日続くとちょっとうんざりしてしまうこともしばしば・・・(._.)

 

泣いている息子を抱っこしながら、準備をして体温を測ります。

保育園は37.5℃以上あると、その時点で保育できないのです(-ω-)/

仕事をしている身としては、朝の体温測定は結構ドキドキだったりもするのです。

 

少し体温が高そうな日は、空気を入れて体温を下げたことも( ;∀;)

働くママあるあるですね(-ω-)

 

そうして体温チェックが終わると子供を保育士へ。

保育士さんが抱っこしてくれても、息子は大号泣!!

泣きながら「ママー」と叫ぶ声を聞くと、胸がギューッとなります。

 

でもいつまでも姿を見せていると泣き止まないという実体験から、さっさと行くことにしてます(‘ω’)

 

大丈夫かな。

元気かな。

泣いていないかな。

 

心配にはなるけれど、お迎えに行くとニコニコ笑っている息子を見て安心する毎日。

保育士さんに聞くと、朝泣いているのも一瞬で、すぐに泣き止んでいるとのことで・・・。

子供って順応性が高い!と何かの記事で読んだけど、本当にその通りだなって感心してます(‘ω’)ノ

笑顔でバイバイできないのは個性だと思ってあきらめる

おねえちゃん(第一子)も、朝の別れ際は毎日大号泣でした。

「いつかは泣かないでバイバイできるようになるよ」

って先輩ママからたくさんアドバイスをもらいました。

 

1歳から通った保育園。

年長になっても、笑顔でバイバイした日なんて本当に数えるくらいしかありません(._.)

 

周りの子は笑顔で「バイバイ」ってできてるのに、どうしてこの子は毎日泣いてばかりなんだろうって本気で悩んだことも。

でも年長になった時「それも個性の一つ」と先生に言われ、すごくほっとしたのを覚えています。

 

毎日泣いてしまうのはきっとママのことが大好きだから。

離れたくない。そばにいたい。

ただそれだけの感情に、「どうして」なんて聞いても答えなんてない。

 

泣いてしまうのは「個性」

そう思えるまで時間はかかったけど・・・。

 

息子も今から長い保育園生活がスタートしています。

いつか笑顔でバイバイできるかもしれないし、できないかもしれない。

どちらにしても、その子の「個性」だと受け入れようと思います(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です